『PESマークが入っていますか??』これがみんなの合言葉です☆

0708-1r-thumb-320x240-5318.jpg
こんにちわ福岡・佐賀・熊本・長崎・大分・長崎・山口のiPhoneのバッテリー交換の事ならお任せ下さいスマートドクター福岡天神店の店長タケイチです。


福岡天神地区もついに梅雨明けしましたね。私は太陽の日差し大好き連合の副会長ですのでギラギラの照りつける太陽は大好きなんですがやはり梅雨の時期には雨が降らなくて欲しいと願い雨が降らなくなり日差しがギラギラと差し始めると暑い暑いとみなさま嘆かれる方も少なくはないとは思いますが。。。

太陽の日差しには人間を元気にするパワーがあるってテレビの番組で言ってたのを聞いて以来太陽の日差しが私は好きで仕方がありません。


本日もスマートドクター福岡天神店は元気に営業させていただいています。本日の一番目にご来店ください下差いましたお客様の修理依頼が『iPhoneのバッテリー交換』でしたので今回はiPhoneのバッテリー交換について少し詳しくご紹介したいと思います。

iPhone5・iPhone4・iPhone4S・iPhone3GSのバッテリー全ての交換をもちろん対応させて頂いています。
写真1の写真にバッテリーが2つ写真で撮っていますが右側が本来iPhoneの内部に付随している純正のバッテリーです。もちろんこれを見たことがある方は割りと少ないと思います。純正品のバッテリーも使い方によっては劣化が激しく進んでしまうこともあります。そのような場合充電の減りがあからさまに早くなってしまったりすることがありますのでご注意下さい。バッテリーが悪くなる時の原因としては過充電や水没、バッテリー自体の劣化も考えられます。iPhone内に水分だ入ってしまうとショートしてしまいバッテリー自体が壊れてしまうこともあります。

写真をご覧いただけるとわかるかと思いますが中央のやや右の位置にあたる黒い長方形のパーツがバッテリーに当たる部分なんですがバッテリーの中央やや下辺りにある丸いマークがPSEマークと言って、電気製品の安全確保について定められた、電気用品安全法に基づく安全規格で、日本国内で100Vコンセントに使用されるほぼ全ての民生用電気製品が対象となり、輸入品も含め該当する製品はPSEマークの表示が義務づけられています。
0708-2r-thumb-320x240-5321.jpgPSEマークは、危険度が高いとされる特定電気用品向けの菱形マークと、それ以外の該当品目に必要となる丸形マークの2種類に分けられ、iPhoneなどに使用されるリチウムイオンバッテリー(400Wh/L以上)も丸形PSEマークの表示対象とされています。


とはいえ。。。。


『そんなこと言っても実際はPSEマークのバッテリーかどうかわからんくない??』

と思いになる方が大半だと思います。そんなと時に修理業者の方に一言聞くだけで大丈夫です。



『バッテリーにはPSEマークは入っていますか??』



この一言で大丈夫です。


この質問をするとPESマークを取得していない不当な業者は決まって。。。
『当店のバッテリーは安全の基準をみたしていますので大丈夫です。。。』
『そのマークが入ってなくても大丈夫ですよ』
『問題はありません』

などの無責任で理解しがたいような対応をすると思いますのでもしあれ??おかしいな。。。と思った時は交換をせずに通報するして下さい。

PSEマークを取得していないリチウムイオンバッテリーは国内での輸入販売が禁止されており、違反した場合は販売停止や違反品回収のうえ、最大で1年以下の懲役または100万円以下の罰金(法人の場合は1億円以下の罰金)が科せられます。


もちろんお客様自身も危険にさらされる恐れがありますので注意が必要です!!


もしもPSEマーク等の事でわからないことや他店での交換をされた際はお気軽にご相談下さいスマートドクター福岡天神店☎0120−706−290




全国発送対応

▲ PAGETOP