ご報告!! 福岡でも危険な修理屋さんが。。。修理業者の選び方お教えします☆


pse-no.png
こんにちわ福岡・佐賀・熊本・長崎・大分・長崎・山口県のiPhoneのバッテリー交換のことなら信頼と実績のスマートドクター福岡天神店のにお任せ下さい。


『最近充電の減りは早くないですか???』

バッテリーの寿命は通常でだいたい1年〜2年。

と言うことはiPhone4Sが出てもう2年ちょい。。iPhone5が出て約一年ほど日数が経っていますのでそろそろだってリーのヘリが早くなってきたなぁとお思いの方の少なくないと思います。

ですので本日はiPhone4・4S・5のバッテリー交換について詳しくご紹介させて頂きます。
iPhone5・iPhone4・iPhone4S・iPhone3GSのバッテリー交換はもちろん全てのiPhoneのバッテリー交換を当店スマートドクター福岡天神店は対応しています。 純正品のバッテリーも使い方によっては劣化が激しく進んでしまうこともあります。そのような場合充電の減りがあからさまに早くなってしまったりすることがありますのでご注意下さい。バッテリーが悪くなる時の原因としては過充電や水没、バッテリー自体の劣化も考えられます。iPhone内に水分だ入ってしまうとショートしてしまいバッテリー自体が壊れてしまうこともあります。
1231-2-thumb-320x240-4318.jpg
写真のバッテリーのように交換自体の修理時間は5分程度で完了致します。写真をご覧いただけるとわかるかと思いますが中央のやや右の位置にあたる黒い長方形のパーツがバッテリーに当たる部分なんですがバッテリーの中央やや下辺りにある丸いマークがPSEマークと言って、電気製品の安全確保について定められた、電気用品安全法に基づく安全規格で、日本国内で100Vコンセントに使用されるほぼ全ての民生用電気製品が対象となり、輸入品も含め該当する製品はPSEマークの表示が義務づけられています。
PSEマークは、危険度が高いとされる特定電気用品向けの菱形マークと、それ以外の該当品目に必要となる丸形マークの2種類に分けられ、iPhoneなどに使用されるリチウムイオンバッテリー(400Wh/L以上)も丸形PSEマークの表示対象とされています。

PSEマークを取得していないリチウムイオンバッテリーは国内での輸入販売が禁止されており、違反した場合は販売停止や違反品回収のうえ、最大で1年以下の懲役または100万円以下の罰金(法人の場合は1億円以下の罰金)が科せられます。もしもPSEマーク等の事でわからないことや他店での交換をされた際はお気軽にご相談下さい。

再三このような事を皆様に知っていただきたが為に記事として更新させていただいていたのですがなんと・・・・

『違法のPESマークをつけたバッテリーを交換している業者が福岡にも存在するようです!!!』

写真1を参照して頂けるとわかりやすいと思いますが実際お客様からしたらどっちがどっちか見分けつかないよ・・・

とお思いになるかもしれませんが写真1の本物は出来れば覚えていただきたいです!!!



なぜそこまで皆様に申し上げるかと言うと・・・

『違法なバッテリーで交換されたお客様のiPhoneが通話中に破裂して怪我をされたという事例が上がっているからです』

その様な無責任な修理屋さんがいるのは本当に悲しいのですがあとはお客様が業者選びを慎重して欲しいと切に願っています。
このような違法な業者はもちろん保証サービスもありませんし事故が起きた場合もなにか専門用語をならべて後の対処をしないのでお客様が泣き寝入りしてしまうケースが往々にして有るようです。


もしバッテリー交換や専門用語をならべられて分からなく疑問に思うことがありましたら当店スマートドクター福岡天神店にお気軽のご相談下さい。☎0120−706−290



全国発送対応

▲ PAGETOP