iPhone アプリで山の名前と標高を表示。山好きな方いらっしゃいますか?


iphonemountain.jpg

今日のアプリは山を楽しむアプリ

「AR 山 1000」無料板。

iPhoneの画面を通して現実世界を

便利に映し出すソフトウェアです。


タイトルのARとは「現実世界に仮想世界を上書きする、AR(Augmented Reality)という考え方」を

採用したソフトウェアを意味します。使い方はiPhoneのカメラで目の前の風景を写すと、そこにある

、もしくは遠くの山の情報が画面に表示されるもので、いろんな山の情報が瞬時にわかる優れものです。


iphonemountain3.jpg

もう少しすると、山に行ったり涼しい沢に行く事があるかと思いますが、山の情報が

あるとまた違った会話も出来て楽しそうですよね。 上の写真のようにiPhoneのカメラに

写った景色に対して山の名前と標高、そして自分がいる現在地から山までの距離などを

表示してくれます。iPhoneに内蔵しているGPSなどを使って現在地を割り出しているようです。

そしてそしてそのままiPhoneのカメラを足元に向けると、今度は下の写真のように

googleマップ画面に切り替わります。平面マップではどこにどの山があるかなどの

確認が出来てこれもまたおもしろいんです。

iphonemountain2.jpg

もちろんマップの拡大、移動なども自由なので日本中の山の情報を手の自分のひらから

調べる事が出来ます。キャンプやハイキングの際にもいかがでしょうか。

「AR 山 1000 apple」で検索





全国発送対応

▲ PAGETOP