iPhoneのバッテリーは意外に危険なんです。


iPhoneのバッテリーは意外に危険なんです。ショップでの修理の前に確認しましたか?

PSEとは、電気製品の安全確保について定められた、電気用品安全法に基づく安全規格で、日本国内で100Vコンセントに使用されるほぼ全ての民生用電気製品が対象となり、輸入品も含め該当する製品はPSEマークの表示が義務づけられています。

PSEマークは、危険度が高いとされる特定電気用品向けの菱形マークと、それ以外の該当品目に必要となる丸形マークの2種類に分けられ、iPhoneなどに使用されるリチウムイオンバッテリー(400Wh/L以上)も丸形PSEマークの表示対象とされています。

菱形マークと丸形マーク

これは近年、ノートパソコンや携帯電話の発火事故が相次いだことで、事故を未然に防ぐよう2007年11月、法改正によってリチウムイオンバッテリーにもPSEマークが義務化されたことが背景にあります。

iPhoneの発火と膨張による危険な状態

リチウムイオンバッテリーはその構造の特性上、高温状態になりやすく、金属粒子などが内部に混入している場合、内部ショートにより膨張や発煙、発火の事故が起こる危険性があります。

それにより、PSEマークを取得していないリチウムイオンバッテリーは国内での輸入販売が禁止されており、違反した場合は販売停止や違反品回収のうえ、最大で1年以下の懲役または100万円以下の罰金(法人の場合は1億円以下の罰金)が科せられます。
ただし、PSEマークの取得には検査・試験に多額の費用が必要となるため、違反品のバッテリーを取り扱うリペアショップばかりです。

スマートドクターで取り扱うバッテリーは、全てPSEマーク取得済みです

スマートドクターではお客様に安心してご使用いただくために、修理交換で使用するバッテリーは全機種、検査機関へ依頼し全て電気用品の技術基準に準じたPSEマークを取得しています。
これは現在スマートドクターだけが取り組んでいるサービスで、他のリペアショップではPSEマーク未表示のバッテリーでしか交換ができません。
ご自身はもちろんのこと、恋人やご家族、お子さんがお持ちになるiPhoneを危険な粗悪品から守りたい方は、ぜひスマートドクターでバッテリー交換することをおすすめします。

スマートドクターで取り扱うバッテリーは、全てPSEマーク取得済み

料金もA社やA社公認の正規サービスプロバイダよりリーズナブルなうえ、3カ月間の修理保証(1回)も設けております。またバッテリーのみの交換ですので、本体交換の場合と比べると約10,000円もお得になります。

バッテリー交換 料金比較例
 iPhone4SiPhone4iPhone3GSiPhone3G
スマートドクター5,800円4,800円4,000円3,800円
A社6,800円
(本体交換の場合は17,800円)
6,800円
(本体交換の場合は13,800円)
6,800円
(本体交換の場合は13,800円)
6,800円
(本体交換の場合は13,800円)
正規サービスプロバイダ(C社の場合)9,380円
(本体交換の場合は17,800円)
9,380円
(本体交換の場合は13,800円)
9,900円
(本体交換の場合は13,800円)
9,900円
(本体交換の場合は13,800円)
※各料金は2012年10月現在のものです
※※A社、正規サービスプロバイダでは、本体交換となる場合があります(iPhone4S 17,800円、iPhone4・3GS・3G 共に13,800円)

最近、ご自身で分解・修理を試みる方が増えていらっしゃいますが、素人の方では発火やデータ消去などの事故が起こる危険性があります。
iPhoneの自己分解は危険です!
iPhone4Sのバッテリーを取り外そうとしたら曲がってしまった!

必ずご自身では分解せず、お困りの際はぜひPSEマーク付きのバッテリーを取り扱う、スマートドクターへお問い合わせください。


電話0120−706−290




全国発送対応

▲ PAGETOP