豆知識

顔認証の弱点を克服!Apple、皮膚下の静脈を使った認証の特許!?

顔認証の弱点を克服!Apple、皮膚下の静脈を使った認証の特許!?

顔認証の弱点を克服!Apple、皮膚下の静脈を使った認証の特許を取得した様です。


流石ですね。

iPhone X FaceID
 
Appleは、皮膚の下を流れる静脈のパターンを使ってユーザーを認証する、静脈認証技術の特許を取得しました。そっくりな双子やマスクを使って突破される可能性のある顔認証の弱点を補う技術になりそうです。

皮膚の下の静脈を使ってユーザー認証

Appleが米特許商標庁(USPTO)に申請していた「Vein imaging using detection of pulsed radiation(パルス放射線検知を用いた静脈イメージング)」と呼ばれる特許を取得したことが分かりました。
  
2015年11月に最初に申請されたこの特許は、ユーザーの体に赤外線を放射し、反射して戻ってくる光との速度差から、皮膚の下の静脈の血流パターンを検知する技術についてのものです。
 
すでにAppleは、iPhone XのTrueDepthカメラ内のドットプロジェクタで3万以上の赤外線をユーザーの顔に投射し、精密な3Dイメージを構築する技術を実用化していますが、静脈認証はさらに一歩進んだ技術と言えます。

偽造やなりすましが非常に困難

Appleは、静脈認証の利点を、静脈の配置が非常に複雑であり、人によって異なり、外観から分からないことから、偽造やなりすましが困難であることを挙げています。
 
これまでに実施された実験で、iPhone XのFace IDはそっくりな双子や、3Dマスクで突破される場合があることがわかっています。
 
また、赤外線を用いた静脈認証は、非接触でのユーザー認証が可能となるため、手のひらや指を使った認証と異なり、衛生面の問題も避けられる、という利点も挙げられています。
 
なおAplpeは特許申請書で、静脈認証を顔だけではなく手で使う可能性についても言及しています。

 

続きを読む


iPhone新機種!?! アウトカメラがどうなるのかな??

iPhone新機種!?! アウトカメラがどうなるのかな??

スクリーンショット 2018-05-09 11.57.47.png

 Appleが2019年に発表するiPhoneのうち、少なくとも1モデルはトリプルカメラを搭載するとの予想を、台湾を拠点とするコンサルティング会社のアナリストが発表しました。

再びトリプルカメラ搭載の情報が浮上

Apple関連の予想を度々公開しているYuanta Securities Investment Consulting のアナリスト、ジェフリー・プー氏が、先週顧客に配布したメモに、来年後半に発表される新しいiPhoneは、背面にトリプルカメラを搭載する可能性が高いと記されていた、とTaipei Timesが報じています。
 
2019年発売のiPhoneがトリプルカメラを搭載するという情報は以前にも報じられています。台湾メディア経済日報が4月中旬にサプライチェーン情報として、来年発売されるiPhoneの1モデルが、6枚レンズで5倍光学ズームが可能なトリプルカメラを搭載すると伝えました。
 

 
ちなみに現行のiPhone7 Plus、iPhone8 Plus、iPhone Xのカメラは2倍光学ズームです。

これはカメラ好きからしたら気になる情報ですね。

もちろん新しい機種のカメラも気になりますが・・


今使用しているiPhoneのカメラが開かなくなってしまうこともあるので注意が必要ですが当店スマートドクタープロ福岡天神店にお持ち頂ければアウトカメラの修理も可能ですのでお気軽に御相談下さい。


iPhoneのアウトカメラの修理の他にもiPhoneに関する修理でしたら何でも対応していますのでお気軽にご相談下さい。


・ボリュームボタンが効かない。

・ホームボタンの効きが悪くなってきた。

・表面のガラスが割れてしまった。

iPhoneを水の中に落としてしまった。

・イヤホンジャックに物が詰まってしまった。

・充電器に挿しても充電されない。

・バッテリーの減りが早い。

・銀のフレーム部分がよがんでしまった。

・通話中に相手の声が聞こえない。

・通話中に相手に声が届かない。

etc....


続きを読む


iPhoneのバッテリーの劣化を教えてくれる便利な機能を搭載!!

iPhoneのバッテリーの劣化を教えてくれる便利な機能を搭載!!


iPhoneのバッテリー状態を確認する方法

かんたんステップ

4ステップ
約5分
  • STEP1

    ホーム画面→「設定」

  • STEP2

    「バッテリー」

  • STEP3

    「バッテリーの状態(ベータ)」

  • STEP4

    最大容量などを確認する

1
「設定」を起動し、「バッテリー」をタップ
iOS11.3 バッテリー 状態 iPhone ピークパフォーマンス

  • iPhoneのホーム画面から「設定」アプリを起動し、一覧をスクロールして「バッテリー」をタップします
  •  

    iOS11.3 バッテリー 状態 iPhone ピークパフォーマンス

  • 「バッテリーの状態(ベータ)をタップします
  • iOS11.3にアップデートできるiPhoneでも、iPhone6以前の場合はこの設定項目は表示されません
  •  

    2
    バッテリーの状態を確認する
  • そのiPhone機種の新品時のバッテリー容量を100%と考えたときに、比較して現在の状態がどの程度かを示すのが「最大容量」の項目です
  •  

    iOS11.3 バッテリー 状態 iPhone ピークパフォーマンス

  • 画像は購入から4カ月間毎日利用しているiPhoneですが、まだ劣化しておらず新品同様となっています
  • iPhoneに搭載されているバッテリーは、通常の利用方法で使用した場合、フル充電を500回繰り返した後も本来のバッテリー容量の最大80%を維持するように設計されています
  •  

    iOS11.3 バッテリー 状態 iPhone ピークパフォーマンス

  • こちらは購入から2年間毎日利用し、以降4カ月間は電源が切れていた状態のiPhoneです。新品時の容量と比べて約2割ほど劣化した82%となっています
  •  


    パフォーマンスを管理する「ピークパフォーマンス性能」

    iOS11.3 バッテリー 状態 iPhone ピークパフォーマンス
     
    すべてのiPhoneでは、バッテリーやシステム全体が仕様通りに動作するためのパフォーマンス管理機能が搭載されています。「ピークパフォーマンス性能」は、バッテリーの最大瞬時給電能力が低下したiPhoneで、突然のシャットダウンが最初に起きた場合にオンになります。ピークパフォーマンス性能の状態は、バッテリーの状態(ベータ)の設定項目から確認できます。
     

    パフォーマンスが正常な状態

     

    iOS11.3 バッテリー 状態 iPhone ピークパフォーマンス

  • 画像のように「現在、標準のピークパフォーマンスに対応しています」と表示されているときは、パフォーマンスが正常な状態です
  •  

    パフォーマンス管理が適用された状態

     

    iOS11.3 バッテリー 状態 iPhone ピークパフォーマンス

  • 画像のように「必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました」といったメッセージが表示された場合は、パフォーマンス管理が適用され、ピークパフォーマンス性能がオンになっている状態です
  •  

    パフォーマンス管理を手動でオフにした状態

     

    iOS11.3 バッテリー 状態 iPhone ピークパフォーマンス

  • 「無効にする」をタップしてピークパフォーマンス性能をオフにすると、画像のように「~パフォーマンス管理による保護を手動で無効にしています」と表示されます。無効にしてしまうと以後手動でのオンはできなくなります
  • 手動で無効にした場合も、その後突然のシャットダウンが起きた際に自動で再びオンになります
  •  

    バッテリーの状態が判定できない場合

     

    iOS11.3 バッテリー 状態 iPhone ピークパフォーマンス

  • 画像のように「バッテリーの状態を判定できません」と表示される場合は、iOSがiPhoneのバッテリー状況を判定できない状態です。原因として考えられるのは、バッテリーが正常に取り付けられていない、またはバッテリー部品が不明であるなどで、改善するにはApple正規サービスプロバイダに依頼します
  •  

    バッテリーが劣化している状態

     

    iOS11.3 バッテリー 状態 iPhone ピークパフォーマンス

  • 画像のように「お使いのバッテリーは著しく劣化しています」と表示された場合は、iPhoneのバッテリーが劣化している状態です。しかし安全性に問題はないため、問題なく引き続き利用することができます
  •  


    劣化したバッテリーを交換する方法

    もしiPhoneの内部のバッテリーの不具合が起きた際はスマートドクタープロ福岡天神店に一度御相談下さい。当店でのiPhone内部のバッテリーの交換の作業時間は・・・


    10分。

    で内部のデータが消えること無く可能です。

     

    スマートドクタープロ福岡天神店

    ☎0120−706−290

    続きを読む


    2018年秋のiPhoneは名称がシンプルになる!アナリスト予測!?

    2018年秋のiPhoneは名称がシンプルになる!アナリスト予測!?

    スクリーンショット 2018-04-26 17.54.33.png

     
    Appleは、2018年秋に発売するiPhoneで名称のルールを大きく変える、との予測が発表されました。3モデルのうち、液晶モデルは単に「iPhone」となり、有機EL(OLED)モデルは「iPhone X」の数字が増える名称になる模様です。楽しみですね〜。

    「iPhone」と「iPhone XI」、「iPhone XI Plus」が発売か

    Apple2018年秋に発売される3つのiPhoneから、製品名をシンプルに変更する、とGuggenheim証券のアナリスト、ロバート・シーラ氏が投資家向けに発表したメモで述べています。
     
    シーラ氏は、6.1インチの液晶ディスプレイを搭載するモデルの名称は、数字もつかない「iPhone」になる一方で、OLEDディスプレイを搭載するモデルには「X」から番号を増やす命名方式が取られる、と予測しています。
     
    iPhone Xが発売された2017年、従来の法則どおりの「iPhone7s」を飛ばして「iPhone8」が発売されています。

    2017年、6.5インチモデルを発売しなかったのは「明らかな間違い」

    6.5インチの大型OLEDディスプレイモデルが2017年に投入されなかったことについて、シーラ氏は「明らかな間違い」と批判し、2018年に投入されることで、その失敗を取り戻すだろう、との見解を示しています。
     
    また、液晶モデルには大幅なリフレッシュが施され、iPhone Xと同様、3DセンサーのTrueDepthカメラを搭載し、端末上での機械学習や拡張現実(AI)に対応する、と述べています。
     
    なお、液晶モデルにはデュアルSIMモデルが用意される、とKGI証券のミンチー・クオ氏が予測しているほか、Rosenblatt証券のジュン・ザン氏は液晶モデルの価格はOLEDモデルよりも約200ドル(約2.2万円)安くなる、と予測しています。

    命名ルールの変更、iPadで前例

    Appleが製品シリーズの命名ルールを変更するのは、9.7インチのiPadシリーズで前例があります。
     
    初代「iPad」の次が「iPad2」、その次は「iPad」が2世代続き、通算5モデル目で「iPad Air」に名称変更、「iPad Air」が続いた後に再び「iPad」に戻り、2018年3月の第6世代「iPad」へと至ります。
     
    米メディアAppleInsiderは、シンプルな「iPhone」と「iPhone X」系列の併存は、消費者の混乱を招くおそれがある、と懸念を示しています。

    続きを読む


    【ニュース】Appleが13インチのMac BookProのバッテリー交換プログラムを発表☆

    【ニュース】Appleが13インチのMac BookProのバッテリー交換プログラムを発表☆

    スクリーンショット 2018-04-21 18.47.44.png


    皆様こんにちは。
    『iPhone・iPad・iPodの事は全てお任せ下さい』で福岡・佐賀・大分・長崎・熊本・宮崎で有名なスマートドクタープロ福岡天神店です。皆様のお使いのiPhone・iPad・iPodは文才無く使用できていますか?iPhone・iPad・iPodも内部のバッテリーでお困りの方も非常に多いとは思いますが本日は違います・・w


     
    Appleは、Touch Bar非搭載の一部の13インチMacBook Proを対象に、無償でバッテリー交換を実施すると発表しました。

    バッテリー膨張の恐れあり

    今回Appleが発表した「13 インチ MacBook Pro (Touch Bar 非搭載) バッテリー交換プログラム」の対象は、2016年10月から2017年10月までの間に製造された製品です。
     
    この期間に製造された一部のMacBook Proは、コンポーネントの故障により内蔵バッテリーが膨張する恐れがあるため、該当製品はバッテリーを無償で交換してもらえます。

    バッテリー交換の方法

    本プログラムの対象になるかどうかは、Appleの公式サイトより製品のシリアル番号を入力することで確認可能です。シリアル番号は、MacBook Pro本体の表面やMac内のAppleメニュー「このMacについて」に記載されています。

     
    バッテリーを交換する場合は、下記いずれかの方法で手続きをする必要があります。
     

  • Apple 正規サービスプロバイダにて交換
  • Apple Store 直営店にて交換(事前に予約必要、製品はAppleリペアセンターへ送られる可能性あり)
  • 配送修理(Appleリペアセンターへ配送手配必要)
  •  
    交換手続きの際はAppleにて実機検査を行い、本プログラムの該当製品であるか、バッテリー以外は正常に機能しているかどうかを検証し、バッテリー交換には3〜5日かかる場合があるとのことです。
     
    また、バッテリーの交換に支障をきたす損傷がある場合は、先にそちらを修理する必要があるので、別途修理料金がかかることがあることも注意書きされています。もしMac BookProをお持ちの方はお調べになったほうが宜しいかもしれませんね。 本日はスマートドクタープロ福岡天神店からiPhone・iPod・iPadではなくMac BookProのお知らせでした。
     

    続きを読む


    iPhoneのバッテリーの減りが早い?? これは交換で改善するの???

    iPhoneのバッテリーの減りが早い?? これは交換で改善するの???

    iPhoneユーザーの皆様からよく聞かれるのが、iPhoneのバッテリーの寿命ってどのくらいなんですか??? と言われる事よくあります。


    iPhoneの内部に付随されている内部のバッテリーは通常の使用方法で約充電回数が約500回と言われています。ということは約1年程度で劣化が現れてくるようですので購入して1年から2年経っているiPhoneはバッテリーの減りが早くなってきている可能ですがあります。
    バッテリーを充電してもすぐに消耗したり充電自体が出来なくなってしまうこともあるので最終的には内部に付随されているバッテリー自体の修理交換が必要になります。
    iphone-battery-1-00.jpg

    iPhoneのバッテリーの劣化が進行するとiOSによってiPhone自体の性能がよくなる反面それに追いついてイカずパフォーマンスが悪くなってしまうということもあるようです。簡易的なものですと再起動や初期化等で改善することもあるんですがそれでも改善しなくなってくるとバッテリー自体の劣化も問題かもしれません。

    iOSが新しくなっているとiPhone自体での確認の方法もありますが簡単な所で言うとアプリなどでも調べることが可能です。
    代表的なアプリをご紹介しますね。
    「バッテリーセーバー」・・・バッテリー自体の管理やシステム情報の表示やメモリの開放などを行うユーティリティアプリです。
    インストールしただけでは意味が無いので設定が必要になります。
    最適化をタップするとWi-Fiや3G、4G、GPSなどの機能を向こうにしたときにバッテリーをどれくらい節約して駆動時間を伸ばせるか表示されます。
    iphone-battery-1-22.jpg

    設定やアプリなどで劣化度や最適化が可能にはなってきていますがやはりここの使用感でiPhoneの内部のバッテリー自体はどうしても劣化してしまったり膨張してしまう事があるのでそうなってしまうとやはり交換などの修理が必要です。

    013d4a5744af7ea1e7894fcdecf71a0d.jpg

    この様にパンパンにバッテリーが膨張してしまうこともありますのでiPhoneの表面のガラスガラスパネルが浮いてきたりパネルが曲がってきた利する症状が出てきていたら早めの修理が必要です。 バッテリーの劣化が見え始めるとiPhone内部でバッテリーが膨張し始めたりしますがそのままの状態にしたままで使用すると他のパーツの故障にも繋がるので注意が必要です。

    当店にお持ち頂ければなんと作業時間・・・


    10分!!!

    内部のデータはそのままで修理交換が出来ますので安心です。

    iPhoneのバッテリー交換修理代金】

    iPhoneS           ¥5,000+税

    iPhone5            ¥5,000+税

    iPhoneS           ¥5,000+税

    iPhoneC           ¥5,000+税

    iPhone6           ¥6,000+税

    iPhonePlus     →      ¥7,000+税

    iPhones       →       ¥6,000+税

    iPhoneSPlus           ¥7,000+税

    iPhone7             ¥6,000+税

    iPhonePlus           ¥7,000+税



    もし分からないこと等が有りましたらお気軽に御相談下さい。

    スマートドクタープロ福岡天神店

    ☎0120−706−290


    続きを読む


    iPhoneX? アイホンエックス? これはiPhoneテンと読むそうですw

    iPhoneX? アイホンエックス? これはiPhoneテンと読むそうですw

    170913gizmodo-0650-w960.jpg「貴方がiPhoneXを見るとき、iPhoneXもまた貴方を見ているのだ」


    おはようございます。スマートドクタープロ福岡天神店のドクターTです。
    ガジェットマニアの私としては「顔認証」がかなり気になるのでiPhone8、iPhone8plus、iPhone7、iPhone7plusよりは気になっている存在の「iPhoneX」ですが・・・

    「貴方がiPhoneXを見るとき、iPhoneXもまた貴方を見ているのだ」


    っておいおい・・・なんかこえーな・・・・

    AI感がはみ出てきてますね。
    その見ているときも向こう側でも見ています。って皆が気付いてないだけでしっかりと監視されている感がありますね。
    とはいえ「顔認証システム」気になりますね☆

    暗い場所でも使える上に、ヘアスタイルを変えてもメガネをかけても帽子をかぶっても認識するという繊細さ。
    指先が濡れていると反応しなかったiPhone5S以降に搭載された指紋認証システムですがたまに反応しなかったこともあったので賛否有りましたが次の顔認証もなにかあるのでしょうかね・・楽しみで仕方ないですね。


    64GB??? 256GB?? どちらにしましょうかね??

    171005ipk02.jpg
    やはりiPhoneXは256GBを買う方が多いでしょうね。

    どちらかといわれると私も256GBのiPhoneを購入するでしょうね。
    もちろんガラスが割れてしまったり水没してしまったりしてしまう事もあるでしょうから購入したらガラスフィルムやケースは付けたほうが良いかもしれませんね。

    もしガラス割れ・起動不可等でお悩みの方はお気軽に御相談下さい。
    スマートドクタープロ福岡天神店
    ☎0120−706−290

    続きを読む


    iPhoneに付属のイヤホンの裏ワザご紹介!!!


    iPhoneに付属のイヤホンの裏ワザご紹介!!!


    080620iphone3g02-thumb-thumb-300x275-740.jpg
    iPhoneを購入すると必ず付属しているこのイヤホン。

    付属品だからって侮ってはいけません!

    実はとても高機能で非常に使いやすいんです♪

    イヤホンの右耳側に音量が調節できるようなボタンがありますよね?

    音量調節の「+」ボタンと「-」ボタン、その間のボタン合計3つのボタンがあります。

    その使い方と機能のご説明をしましょう!

    続きからご覧ください。


    音楽再生中
    ・+ボタン  音量UP

    ・−ボタン  音量DOWN

    ・真ん中ボタン  音楽停止、再生

    ・真ん中ボタン2回押し 次の曲へ

    ・真ん中ボタン3回押し 前の曲へ

    ・真ん中ボタン2回目長押し 早送り

    ・真ん中ボタン3回目長押し 巻戻し


    通話関係
    ・+ボタン 通話音量UP

    ・−ボタン 通話音量DOWN

    ・真ん中ボタン 電話応答、切断


    おまけ
    ・音楽再生中にイヤホンをiPhoneから抜くと音楽停止

    本体の操作からいちいち停止しなくてもOK♪

    通話中に抜けてしまっても通話は停止しません。

    どうですか!?市販のイヤホンではここまで出来ないでしょうw

    もし購入してから一度も使ってない方がいれば、一度お試しください♪


    続きを読む


    ▲ PAGETOP