ひとりごと

顔認証の弱点を克服!Apple、皮膚下の静脈を使った認証の特許!?

顔認証の弱点を克服!Apple、皮膚下の静脈を使った認証の特許!?

顔認証の弱点を克服!Apple、皮膚下の静脈を使った認証の特許を取得した様です。


流石ですね。

iPhone X FaceID
 
Appleは、皮膚の下を流れる静脈のパターンを使ってユーザーを認証する、静脈認証技術の特許を取得しました。そっくりな双子やマスクを使って突破される可能性のある顔認証の弱点を補う技術になりそうです。

皮膚の下の静脈を使ってユーザー認証

Appleが米特許商標庁(USPTO)に申請していた「Vein imaging using detection of pulsed radiation(パルス放射線検知を用いた静脈イメージング)」と呼ばれる特許を取得したことが分かりました。
  
2015年11月に最初に申請されたこの特許は、ユーザーの体に赤外線を放射し、反射して戻ってくる光との速度差から、皮膚の下の静脈の血流パターンを検知する技術についてのものです。
 
すでにAppleは、iPhone XのTrueDepthカメラ内のドットプロジェクタで3万以上の赤外線をユーザーの顔に投射し、精密な3Dイメージを構築する技術を実用化していますが、静脈認証はさらに一歩進んだ技術と言えます。

偽造やなりすましが非常に困難

Appleは、静脈認証の利点を、静脈の配置が非常に複雑であり、人によって異なり、外観から分からないことから、偽造やなりすましが困難であることを挙げています。
 
これまでに実施された実験で、iPhone XのFace IDはそっくりな双子や、3Dマスクで突破される場合があることがわかっています。
 
また、赤外線を用いた静脈認証は、非接触でのユーザー認証が可能となるため、手のひらや指を使った認証と異なり、衛生面の問題も避けられる、という利点も挙げられています。
 
なおAplpeは特許申請書で、静脈認証を顔だけではなく手で使う可能性についても言及しています。

 

続きを読む


2018年秋のiPhoneは名称がシンプルになる!アナリスト予測!?

2018年秋のiPhoneは名称がシンプルになる!アナリスト予測!?

スクリーンショット 2018-04-26 17.54.33.png

 
Appleは、2018年秋に発売するiPhoneで名称のルールを大きく変える、との予測が発表されました。3モデルのうち、液晶モデルは単に「iPhone」となり、有機EL(OLED)モデルは「iPhone X」の数字が増える名称になる模様です。楽しみですね〜。

「iPhone」と「iPhone XI」、「iPhone XI Plus」が発売か

Apple2018年秋に発売される3つのiPhoneから、製品名をシンプルに変更する、とGuggenheim証券のアナリスト、ロバート・シーラ氏が投資家向けに発表したメモで述べています。
 
シーラ氏は、6.1インチの液晶ディスプレイを搭載するモデルの名称は、数字もつかない「iPhone」になる一方で、OLEDディスプレイを搭載するモデルには「X」から番号を増やす命名方式が取られる、と予測しています。
 
iPhone Xが発売された2017年、従来の法則どおりの「iPhone7s」を飛ばして「iPhone8」が発売されています。

2017年、6.5インチモデルを発売しなかったのは「明らかな間違い」

6.5インチの大型OLEDディスプレイモデルが2017年に投入されなかったことについて、シーラ氏は「明らかな間違い」と批判し、2018年に投入されることで、その失敗を取り戻すだろう、との見解を示しています。
 
また、液晶モデルには大幅なリフレッシュが施され、iPhone Xと同様、3DセンサーのTrueDepthカメラを搭載し、端末上での機械学習や拡張現実(AI)に対応する、と述べています。
 
なお、液晶モデルにはデュアルSIMモデルが用意される、とKGI証券のミンチー・クオ氏が予測しているほか、Rosenblatt証券のジュン・ザン氏は液晶モデルの価格はOLEDモデルよりも約200ドル(約2.2万円)安くなる、と予測しています。

命名ルールの変更、iPadで前例

Appleが製品シリーズの命名ルールを変更するのは、9.7インチのiPadシリーズで前例があります。
 
初代「iPad」の次が「iPad2」、その次は「iPad」が2世代続き、通算5モデル目で「iPad Air」に名称変更、「iPad Air」が続いた後に再び「iPad」に戻り、2018年3月の第6世代「iPad」へと至ります。
 
米メディアAppleInsiderは、シンプルな「iPhone」と「iPhone X」系列の併存は、消費者の混乱を招くおそれがある、と懸念を示しています。

続きを読む


▲ PAGETOP